RSVワクチン

呼吸器合胞体ウイルス(RSV)は世界的に必要とする先進国で最大の残りの満たされていない乳児ワクチンの必要性と重要な満たされていない乳児用ワクチンである。努力の40年以上は、人間のためのライセンスをRSVワクチンになるには至っていない。RSVワクチン開発への主要な課題は、正確にヒトの疾患プロセスを反映していない可能性が生後2〜3ヵ月の時点で重度の疾患のピーク、主要なワクチン抗原の問題の生化学的挙動、ワクチン媒介性疾患の増強の歴史、および動物モデルへの依存を含む。これらの課題を克服するための潜在的なパスが母体免疫、ワクチン抗原の構造ベースのエンジニアリング、安全な幼児の予防接種のための新規プラットフォームの設計、および、ワクチン増強疾患のための改良された動物モデルの開発が含まれています。

防止するための有効なワクチンの開発黄色ブドウ球菌、ヒトに疾患が研究コミュニティのための主要な課題であり続けている。そこに単一成分ワクチンまたは免疫療法との有効性を証明することを目的とし4の第III相臨床試験がされているが、それぞれが開発の異なる段階で失敗しました。T細胞応答を誘発することを目的とした複数のブドウ球菌タンパク質および多糖類およびワクチンを含むワクチンは、現在検討されているが、理想的な製剤にはほとんど合意がある。主な制限は、保護免疫の説得力の相関を識別するために、私たちの失敗が含まSを アウレウスげっ歯類におけるブドウ球菌感染の最適なモデルよりも少ない、ならびに。これらの課題にもかかわらず、新たなアプローチと、この恐るべき病原体が含まれるように有効なワクチンを設計する、業界および学術研究室の両方による継続的な努力があります。